So-net無料ブログ作成
ふるさと納税 さとふる
ふるさと納税!さとふるが簡単!
↑  ↑  ↑
かんたんなふるさと納税なら「さとふる」

ふるさと納税 限度額 ブログトップ
前の3件 | -

ふるさと納税 損 [ふるさと納税 限度額]

ふるさと納税は損することは、限度額をわかっていれば基本的にはありません。

もしかすると、あっちの返礼品の方がもっとボリュームがあったとか、もらった返礼品を比較しての損得勘定はあるかもしれませんが、限度額範囲内であれば自己負担額は2000円なので間違いなくお得です。

でも、限度額をわかっていないと、自己負担額が1万円だったみたいなこともあり得るので、その場合は損してしまう可能性もあります。

損をしないための限度額の確認には、やっぱりさとふるの控除シミュレーションがわかりやすいです。

さとフルホームページ
>>>>ふるさと納税限度額シミュレーション


そろそろ年末が近いので、ふるさと納税を急いでする人が増えるので、今のうちに損をしない限度額を確認して、2017年分の限度額までのふるさと納税を済ませておくほうがいいと思います(^^)

nice!(0)  コメント(0) 

ふるさと納税 限度額 計算 [ふるさと納税 限度額]

ふるさと納税の限度額の計算、確認は、以前も紹介したさとフルのホームページにある、控除シミュレーターがわかりやすいです。

さとフルホームページ
>>>>ふるさと納税限度額シミュレーション


そして、もしも限度額がまだたっぷり残っている方には、家電の返礼品が豊富なふるなびのホームページを一度チェックしておくといいと思います。

>>「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」


ふるなびのホームページを見るとわかると思うのですが、ふるさと納税で家電をもらえる自治体ってこんなにたくさんあるんです。

同じ自治体でも例えば、さとフルのホームページでは家電は掲載されていないこともあるので、両方比較して限度額目一杯まで、欲しい返礼品をもらうため寄付したいですね(^^)


あと、あまり有名ではないですが、個人的におすすめなのは、ふるさと納税した寄附金額の半分がポイントになって、各地方の特産品をおいしく料理してくれるレストランの代金に充当できる、「ふるなびグルメポイント」です。



特産品もらっても、調理が大変だったりしますが、食材を最高の状態で食べたい方には、レストラン利用ができる「ふるなびグルメポイント」いいですよ☆

ふるさと納税 限度額 早見表 [ふるさと納税 限度額]

ふるさと納税の限度額の早見表を見るよりも、シミュレーションできるサイトを使うのがいいと思います。

>>ふるさと納税限度額シミュレーション

今年の年収が確定した方は、改めて限度額をチェックしておくといいと思います。
前の3件 | - ふるさと納税 限度額 ブログトップ